2010年01月06日

<公設派遣村>宿泊者831人に…東京都(毎日新聞)

 失業者らの年越しを支援するために、東京都が渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターに設置した「公設派遣村」は1、2日も新たな宿泊者が訪れ、831人になった。宿泊者らは屋根の下で迎える新年にホッとした表情を見せながらも、4日の閉所を直前に控え、相談員らのアドバイスに熱心に耳を傾けていた。

 宿泊者の多くは4日以降の見通しが立たず、不安を抱えている。半年間路上生活をした後に再就職した家電メーカーが昨年末倒産し、再び野宿を強いられた男性(51)もその一人。何度も生活保護申請を断られてきた。「自立するまで保護を受けたいが、無理ならまた野宿だ」と話した。

 都は3日、宿泊者全員に改めて生活相談を行い、宿泊所の確保など4日以降の対応を決定する方針だ。【市川明代】

【関連ニュース】
東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る
公設派遣村:宿泊者が700人以上に 閉所後に不安も
公設派遣村:東京都の宿泊者469人に
公設派遣村:まず都営がスタート 失業者275人集まる
年越し派遣村:メンバーら相談・周知で支援

官僚の夏
下北沢ナビゲーター
アフィリエイト ホームページ
競馬情報
携帯ホームページ
posted by だるましなむ at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。