2010年01月12日

ひき逃げ事件で米批判=前原氏(時事通信)

 前原誠司沖縄・北方担当相は8日午前、閣議後の記者会見で、沖縄県読谷村で昨年11月に発生したひき逃げ事件で、被告である米兵の起訴前の身柄引き渡しが実現しなかったことについて「ずっと要求していたが、極めて遺憾だ。憤りを持っている」と述べ、米側の対応を批判した。その上で「日米同盟関係の信頼を失わないためにも、米側に運用改善をしっかり求めていきたい」と語った。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

しょういちのブログ
プラネテス
アフィリエイト ホームページ
競馬サイト
ショッピング枠現金化
posted by だるましなむ at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁年頭部隊出動訓練 早朝に敢行(レスポンス)

警視庁は、8日早朝、年始恒例の年頭部隊訓練を、東京都新宿区の明治神宮絵画館前で実行した。

[写真:女性警察官部隊や航空隊]

車線規制と通行止めされた会場周辺には、午前7時前から警察官約2700人が集結。訓練には車両140台、ヘリコプター7機も投入され、米村敏朗警視総監がその様子を巡視。一般にも公開された。

訓練は警視庁部隊による隊列行進。機動隊を先頭に、官邸警備隊や女性警察官部隊、警察犬部隊、騎馬隊が30分以上途切れなく整列行進を続けた。投入された車両は、交通機動隊のマツダ『RX-8』やスズキ『GSF1200P』、ホンダ『VFR800P』などおなじみのパトカー、白バイのほか、爆発物や生物・化学兵器の処理をする特殊車両、テロ対策車、災害時などに使用する重機などが披露され、航空隊のヘリコプター7機が上空を編隊飛行し、行進の最後を締めくくった。

サイドカーに掲げられた警視総監旗のすぐ後をオープンカーに乗って現れた米村警視総監は、「APEC首脳会議等の警備諸対策をはじめ、重要未解決事件の解決、振り込め詐欺等の撲滅対策、違法サイト対策、規範意識向上に向けた万引き対策の推進など、多忙を極める1年となることから、職員ひとり一人がその使命、本分を自覚し、社会における安全・安心を確実なものとするため、決意を新たにする必要がある」と、整列の中、緊張感のあふれる職員を前に訓辞した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
逃げられる車はない…日産 GT-R のパトカー登場
マツダ、英でパトカーの営業強化
警視庁 特別編集

私は薬剤師、今日も休みなし
u8dm9mziの日記ブログ管理ツール
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
出会いランキング
posted by だるましなむ at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。