2010年01月19日

病院と診療所の再診料、格差是正へ=10年度診療報酬改定で骨子−中医協(時事通信)

 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は15日、2010年度診療報酬改定の骨子をまとめた。病院より診療所に手厚い再診料の格差是正や、勤務医の負担軽減策として救急救命センターの救急外来を受診した軽症患者からの特別料金徴収などを盛り込んだ。
 中医協は同日から、骨子について一般からの意見募集(パブリックコメント)を実施。さらに議論を重ねて2月中旬に改定案を長妻昭厚労相に答申する予定だ。
 2回目以降の診察にかかる再診料は、病院600円に対し、診療所が710円と高く設定されている。骨子は「統一する方向でその具体的な内容を検討する」として新たな金額は明示せず、答申までに結論を得ることとした。勤務医に重点配分するには診療所の引き下げが有力視されるが、医師ら診療側委員は「統一は710円にそろえることを条件に同意した」と主張しており、決着まで難航が予想される。
 また、骨子は再診時に5分程度費やさないと外来管理加算(520円)を請求できない「5分ルール」を廃止し、それに代わる新たな要件を作る方針を示した。
 一方、救急救命センターでの特別料金徴収については、医師や看護師が事前に症状を確認することが前提となる。軽症と判断されても診療を望む患者には医療保険の自己負担とは別に特別料金を請求することを可能とする。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

携帯、見ながら歩いてません? 子連れや障害者が恐怖感(産経新聞)
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売−名古屋地裁(時事通信)
<囲碁>関西棋院2人目の外国人女性棋士(毎日新聞)
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生−名古屋(時事通信)
「借りたカネは返すな!」著者ら脱税指南容疑(読売新聞)
posted by だるましなむ at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。