2010年05月07日

「退職管理基本方針」判明 本末転倒「内下り」 高級官僚を保護(産経新聞)

 「国家公務員の人件費2割削減」を公約に掲げる民主党政権で、高級官僚の“保護政策”とも言える方針案が判明した。政府がとりまとめた「退職管理基本方針」原案は、各省庁内の出世レースから脱落したキャリア官僚を「高位の専門スタッフ職」として保護し、高給も保証される内容だ。政府は地方組織を中心に新規採用の抑制方針を明らかにしたばかりだが、今回の方針が正式に決まれば、若手官僚は減り、高給取りのロートル官僚ばかり増える「本末転倒」の公務員制度改革となりかねない。(比護義則)

                   ◇

 今回の方針案とりまとめの発端となったのは、「天下り斡旋(あっせん)禁止」という民主党政権の大方針だ。

 これまで出世レースに敗れたキャリア官僚は、省内で肩たたきにあい、高額の退職金を懐にして所管する独立行政法人や政府系公益法人などに天下った。

 だが、天下りが禁止されると幹部官僚が省庁内に大量に居残るのは自然の理。そこで「高位の専門スタッフ職」という新設ポストを設ける“内下り”ルートを開発したのだ。あるキャリア官僚は「背に腹は代えられない」と本音を漏らす。

 問題は、新設ポストで省内に居残るキャリア職員の給与について「ポストに対応した水準を人事院に要請する」とされている点だ。人事院がこれに応じれば、国家公務員の人件費抑制の方針に逆行する。

 若手を中心とするノンキャリア組では、民主党政権が「人件費2割削減」の公約の体裁を保つために「まずノンキャリの人件費が切り捨てられるのでは」との懸念も広がる。

 そもそも、民主党政権の公務員改革に対するスタンスに疑問符がついたのは、今国会に提出されている国家公務員法改正案の内容が、あまりにも骨抜きだったからだ。

 自公政権で検討された国家公務員の定数管理や給与水準の決定権を総務省や人事院から「内閣人事局」に移す方針は現政権の法案に盛り込まれず、「人件費抑制」を担保する内容にほど遠い。

 政府は今後、仙谷由人国家戦略担当相と原口一博総務相を中心に最終的な退職管理基本方針をまとめるが、「既得権益の保護」で意思統一されたキャリア官僚にどう対峙(たいじ)するか手腕が試されている。 

生体移植で寄付受領 東京医科大八王子センター、3年間に1360万円(産経新聞)
公務員に希望退職優遇制、勧奨退職は当面存続(読売新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
神戸市職員、公費で購入したパソコン転売(産経新聞)
記者クラブ「オープン化」急進展 最後に残るのは官房長官と宮内庁(J-CASTニュース)
posted by だるましなむ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。