2010年03月17日

<神戸ポートタワー>新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)

 ミナト神戸のシンボル、神戸ポートタワー(神戸市中央区)の改修工事がほぼ完了し、16日、関係者に内部が公開された。19日、約2カ月ぶりに営業を再開する。展望最上階の天井には約1500本の光ファイバーを新たに設置、星座など季節ごとの星空を映し出している。

 同タワーは高さ108メートル。今回、赤、青、緑の発光ダイオード(LED)約7000個を使い、イベントごとにタワー全体を違ったイメージでライトアップできるように改修した。また、外観も17年ぶりに塗り替え。現在は作業用ネットに覆われているが4月中旬までに上部から順次撤去し、鮮やかな深紅のシルエットを現す。LEDの点灯は4月28日から。

 工事は昨年11月に着工、今年1月12日から休館していた。タワーを管理する神戸港振興協会は「新しく生まれ変わったタワーを堪能してほしい」と話している。【重石岳史】

【関連ニュース】
灯ろう祭り:陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」
さっぽろ雪まつり:週末を迎え観光客や市民でにぎわう
バンクーバー五輪:開幕まであと7日 光で盛り上げ
神戸ポートタワー:改修工事進む 3月下旬にリニューアル
岐阜県白川村:合掌造りの家々をライトアップ

来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く(医療介護CBニュース)
就職安定融資を悪用、175万だまし取った疑い(読売新聞)
クロマグロ禁輸反対で韓国と協調=農水副大臣(時事通信)
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
美術館庭園で満開の菜の花=千葉県佐倉市〔地域〕(時事通信)
posted by だるましなむ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)

 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)の生体肝移植手術を巡る不適切な医療行為や、同大茨城医療センター(茨城県阿見町)で診療報酬の不正請求が発覚したことを受けて、同大の理事15人のうち10人以上が辞表を提出していたことが11日分かった。

 同大や同大関係者によると、先月23日に開かれた理事会で、相次いだ不祥事の責任をとって全理事が辞任すべきだとの意見が一部の理事から出された。これを受けて、2〜3月に伊東洋理事長に10人以上の理事が辞表を提出。辞表を受理するかどうかは、理事長が判断するという。

 同大八王子医療センターでは2000〜07年に実施した生体肝移植手術52例で20人が術後早期に死亡していたことから、昨年12月、主任教授が停職処分となった。同大は一部の手術で不適切な医療行為があったことを認めている。また、同大茨城医療センターでは診療報酬約1億2000万円の不正請求が発覚し、昨年9月、当時のセンター長が懲戒解雇処分になった。

<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)
感染症対策「国際社会一つに」=皇太子さま、野口英世シンポで(時事通信)
吉本興業本社に脅迫状=社長、会長を名指し(時事通信)
<シー・シェパード>監視船侵入のメンバーに逮捕状 海保(毎日新聞)
<日本アカデミー賞>最優秀作品に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
posted by だるましなむ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。